ほうれい線化粧品

ほうれい線にはビタミンCが効果的

30歳を超えると・・・肌の細胞を作るアミノ酸が少なくなってきます。これが原因で

 

肌が老化してしまい、いろんな肌トラブルが出てきます

 

ほうれい線や頬のたるみ等は、コラーゲンの弾力が弱くなってしまい、肌を支えきれなくなってたるんでしまいます。

 

コラーゲンの弾力を復活させるには、ビタミンCがとってもいいそうです。

 

ビタミンCにはコラーゲンの繊維に働きかけてくれるので、増やす作用をしてくれるので、肌にハリを持たせてくれます。

 

ただ・・・ビタミンCは壊れやすい上に浸透しにくいという性質があるので、浸透させるのが難しいのですが

 

ビーグレンを使えばしっかり浸透させてくれるので安心です。

 

ビーグレンは、ほうれい線対策だけじゃなく、ニキビケア化粧品、美白化粧品などでも口コミで人気の化粧品です。

 

人にはバリア機能がある

人の肌には、脂で守られているバリア機能があります。

 

美容に良い成分のコラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC、ペプチドは、水溶性です。

 

水と油は、反発しあいますよね。

 

肌には脂の膜(バリア機能)があるので、そこを水(水溶性の美容成分)は通過することができないのです。

 

つまり肌の奥へを入っていきません。

 

そこで、
ビーグレンでは肌の奥へ入っていけるように、ナノサイズのカプセル化にさせて肌の奥へと浸透するように開発しました

美肌アップコラム

パジャマと美肌

美肌を作るために睡眠の質が大切なのは周知の事実ですが 、就寝時に何を着用するかも重要です。

 

寝るときに着るもの=パジャマではなく、パジャマとは快眠をサポートするために就寝専用に作られている衣服のことです。
ほうれい線化粧品http://www.muji.net/store/cmdty/section/S10016

 

まずは体をしめつけない、楽な体勢で眠れることです。体を締め付ける下着や衣服は血流を妨げて安眠を妨げます。基本的にはショーツ以外の下着は着用しないほうがベターといわれます。

 

ほうれい線化粧品

 

また、就寝時にはコップ1杯分の寝汗をかいているといわれます。スウェットやアクリル素材のものは、水分を十分に吸収することができず熱がこもり易いので、寝床の湿度が上がりすぎて不快感を感じることも多いのです。

 

また、睡眠においては入眠習慣がつくられます。パジャマに着替えることで脳の入眠スイッチをオンにする入眠儀式とすることができます。

 

そして快眠の最大ポイントとなるのが「スムーズな寝返り」です。通常眠る目的以外のものとして作られた服は寝具との間に強い摩擦が起こり、寝返りがうまくいかず、寝返りをした後もシーツや毛布がよじれて体に無理な力が入ってしまいます。

 

肩こりや腰痛にもつながり、美容面以外でのトラブルの引き金にもなる可能性があるのです。

 

パジャマは生地が厚すぎないので寝具との相性も良く、しっかり寝床内の適切な温湿度維持にも貢献してくれるので、不快感による中途覚醒もありません。

 

眠りの質は肌の質に比例するので、お気に入りのパジャマを見つけることが大切ですね。